1. トップ
  2. 呼びかけ人紹介

DO YOU KYOTO?とは

池坊専好
池坊 専好
池坊次期家元として国内外でのいけばな振興活動はもとより、他分野とのコラボレーションやシンポジウムへの参加、子供の教育に関する委員などいのちを生かすといういけばなの精神に基づいた様々な活動を行っている。
(財)日本いけばな芸術協会副会長
いけばなの根源 華道家元池坊

ページトップへ

石田知史
石田 知史
ガラス工芸作家<鋳込み硝子>
1972年 京都に生まれる
2001年 日本伝統工芸第七部会展 朝日新聞社賞
2003年 日本伝統工芸展 朝日新聞社賞
2005年 日本伝統工芸近畿展 京都府教育委員会教育長賞
2006年 京都府文化賞奨励賞
日本伝統工芸展 日本工芸会総裁賞
2007年 京都府美術工芸新鋭選抜展 工芸部門 最優秀賞
現在 (社)日本工芸会正会員
ガラス工芸作家 石田知史・亘・征希

ページトップへ

井上葉子
井上 葉子
昭和50年生まれ(本名 武田葉子)
父、文楽の大夫 九代目竹本綱大夫
母、小唄春日とよ子
3才で井上三千子(現・五世井上八千代)に入門する。
4才で初舞台。
16才で名取りとなる。井上葉子と名乗る。
京舞の修行に専念。
四世井上八千代の内弟子となる。
祇園芸妓・舞妓の指導にあたる。

ページトップへ

大谷祥子
大谷 祥子
箏曲家
東京藝術大学を卒業後京都・東京を中心に演奏活動を行なう。
賢順記念全国コンクール1位。
平成13年度文化庁インターシップ研修生。
NHK邦楽オーディション合格
箏プレイヤー/大谷祥子 オフィシャルファンサイト

ページトップへ

小川勝章
小川 勝章
1973年に生まれる。
高校入学と同時に、父である11代小川治兵衞の下での修行を始め、立命館大学法学部卒業後、造園植治へ勤務する。
新たな作庭に加え、歴代の手掛けた庭園においても作庭・修景・維持を行う。
名城大学特別非常勤講師等を歴任する。
植治ウェブサイト

ページトップへ

桂よね吉
桂 よね吉
平成7年 12月 故桂吉朝に入門
平成8年 4月 大阪・太融寺「吉朝学習塾」にて初舞台
平成11年 ABCお笑い新人グランプリ新人賞 受賞
平成15年 1月 桂米吉から「桂よね吉」に改名
平成19年 NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」に万葉亭柳眉役で出演
NHK新人演芸大賞落語部門受賞
平成20年 東西若手落語家コンペディション2009チャンピオン大会にて優勝

ページトップへ

笹岡隆甫
笹岡 隆甫
華道「未生流笹岡」家元。1974年京都生まれ。
3歳より祖父である当代家元笹岡勲甫の指導を受ける。
京都大学建築学科卒業。
狂言やミュージカルの舞台を「いけばなパフォーマンス」でいけあげるなど、舞台芸術としてのいけばなの可能性を追求。
著書に『美的生活のヒント』。
未生流笹岡

ページトップへ

佐々木晃
佐々木 晃
佐々木酒造株式会社 代表取締役
1970.4.1 京都市上京区生れ三男。
大学卒業後、産業機械販売会社に就職するものの、本来の予定であった兄に代わり家業を継ぐことに。
現在、日本酒講座やイベントを通じて、新たな日本酒ファンを増やすことに努めている。
佐々木酒造株式会社

ページトップへ

茂山宗彦
茂山 宗彦
4歳の時『以呂波』のシテにて初舞台。その後『千歳』『三番三』を披く。
1994年に従兄弟の茂山 茂・弟の茂山 逸平 らと共に「花形狂言少年隊」を結成。
2000年6月より2005年まで千三郎、正邦、茂、逸平、童司と共に「心・技・体、教育的古典狂言推進準備研修錬磨の会=通称 TOPPA!」を主催。2006年より「HANAGATA」を正邦、茂、逸平、童司と共に再開。
お豆腐狂言 茂山千五郎家

ページトップへ

鈴鹿可奈子
鈴鹿 可奈子
株式会社 聖護院八ッ橋総本店 専務取締役
1982年生まれ。京都大学経済学部卒業後、信用調査会社勤務を経て、2006年聖護院八ッ橋総本店入社。現在、専務取締役。

ページトップへ

諏訪蘇山
諏訪 蘇山
陶芸家
父 三代 諏訪蘇山・母 十二代 中村宗哲の三女 公紀 1970年生
京都市立銅駝美術工芸高等学校漆芸科卒業、成安造形短大卒業
京都府立陶工高等技術専門校成形科・研究科修了
京都市伝統産業技術者研修陶磁器コース本科修了
2002年9月 四代諏訪蘇山を襲名
各地にて諏訪蘇山展を開催

ページトップへ

千 宗員
千 宗員
表千家若宗匠
1970年 京都市生まれ。本名、千芳紀。
同志社大学文学部卒業、英国バッキンガム大学卒業。
1998年、臨済宗大徳寺派前管長福富雪底老師から、猶有斎の斎号を授かる。
財団法人不審菴副理事長、表千家同門会専務理事。
不審菴文庫長。
表千家不審菴:茶の湯 こころと美

ページトップへ

千 宗屋
千 宗屋
1975年、京都市生まれ。武者小路千家15代家元後嗣、明治学院大学非常勤講師。領域 を限定しない学際的な交流の中で、茶の湯の文化の考察と実践の深化を試みている。
2008年7月より約1年間、文化庁の文化交流使として、N.Y.を拠点に世界各地で活動した。

ページトップへ

園部晋吾
園部 晋吾
1970年 山ばな平八茶屋の長男として生まれる。
大学卒業後、大阪北浜の料亭 花外楼 にて修行。
京都料理芽生会理事、NPO法人日本料理アカデミー所属、立命館高校「食文化講座」非常勤講師、京都市教育委員会の日本料理に学ぶ食育カリキュラム推進委員として、食育活動に従事。
2007年 京都府青年優秀技能者奨励賞(明日の名工)の表彰を受ける。
山ばな 平八茶屋

ページトップへ

曽和鼓堂
曽和 鼓堂
幸流 小鼓方
祖父・博朗(ひろし)人間国宝、父・正博に師事。
大胆で繊細な小鼓を奏で、特に音に定評がある。
美しく、丁寧を心がけ日々精進している。感覚派奏者。数々の舞台を勤める中、『プチ鼓堂』と題して、イベントやレクチャーをしている。
プチ・鼓堂

ページトップへ

津田 佐代子
津田 佐代子
京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都市立音楽高等学校)を経て京都市立芸術大学音楽学部卒業。
京都フランスアカデミー、ロームミュージックファンデーション音楽セミナーの各マスタークラス終了。
全日本学生音楽コンクール入選。日本クラシック音楽コンクール入選。管楽器コンクール金賞。
京都芸術祭など国内外の演奏会に出演他、世界文化社「MISS」、淡交社「京の紅葉紀行」、アシェット婦人画報社「美しいキモノ」などの雑誌・TV・ラジオ・新聞などでも活躍中。

ページトップへ

中川典子
中川 典子
(株)酢屋、(株)千本銘木商会常務取締役。
1970年、京都市生まれ。大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業。
茶道美術出版社勤務後、岐阜、奈良県吉野での銘木修行を経て、
現在、創業290年、屋号「酢屋」、(株)千本銘木商会常務取締役。
全国銘木青年連合会会員、京都市木材青年会役員。
NPO法人京町家 風の会理事、京都木質資源を考える会理事。
京都市「木を大切にするまち」市民委員、京都・和菓子の会主宰。
京都 創作木工芸 酢屋 千本銘木商会

ページトップへ

橋本忠樹
橋本 忠樹
能楽観世流シテ方
1974年京都生まれ。
東京藝術大学音楽学部卒。
観世流シテ方橋本礒道(重要無形文化財保持者)長男。
父及び片山幽雪(日本芸術院会員・人間国宝)片山九郎右衛門に師事。
幼少より父・礒道に師事し3歳で初舞台。
(社)日本能楽協会会員・(社)京都観世会会員・東京藝術大学音楽学部同声会会員
観世流能楽師・橋本忠樹のホームページ

ページトップへ

羽田登喜
羽田 登喜
染色工芸作家<友禅>
1968年京都市に生まれる。
1987年京都市立銅駝美術工芸高等学校日本画科卒業。
1992年京都市立芸術大学美術学部工芸科染織卒業。
1992年同大学大学院入学と同時に羽田工房で本格的な手描き友禅の修業を始め、現在に至る。京都工芸美術作家協会会員。
羽田工房HP

ページトップへ

三木啓樂
三木 啓樂
1971年、京都市生まれ。
漆工芸家。京都市立芸術大学工芸科(漆工)卒業、京都市伝統産業技術者研修修了、香川県漆芸研究所修了。
第27回京都府文化賞奨励賞受賞。
日本工芸会正会員・煎茶工芸協会理事(正会員)・生活文化研究所理事。
京都工芸美術作家協会会員。
表悦工房

ページトップへ

藪内紹智
藪内 紹智
1967年、京都市生まれ。
福井工業大学建設工学科(木造建築専攻)卒業。
1991年、臨済宗天龍寺派管長平田精耕老師のもとに参禅修行。
1994年11月、藪内流宗家13世家元より允猶斎竹卿の斎号を授けられ、藪内流宗家若宗匠を襲名。
2015年6月、家元を継承し、14代藪内允猶斎竹卿紹智を襲名。
藪内家の茶

ページトップへ

山内健也
山内 健也
表具師
昭和62年に墨申堂(現 株式会社 墨申堂)へ入店。父、山内啓左より仕事を学ぶ。
国内各地の社寺、美術館、博物館、大学、個人が所蔵する、日本東洋絵画や書跡などの美術作品、海外の美術館が所蔵する日本美術作品の修理、表装を手がける。

ページトップへ

呼びかけ人一覧

  • 活動情報・コラム
  • DO YOU KYOTO?ネットワークの活動情報や、環境についてのコラムを連載しています。
  • 呼びかけ人ブログ更新情報
  • 呼びかけ人によるブログの新着をご紹介します。