1. トップ
  2. 活動情報・コラム

活動情報・コラム - DO YOU KYOTO? ネットワークの活動情報をご紹介します。また、呼びかけ人によるコラムも掲載中です。

    コラム一覧

    1. 我が家のことで私事ですが・・。

      2010年09月17日 03:49

      • 投稿者 : 三木啓樂
      • カテゴリ :

      私事ですが、家族が節目を迎えます。

      明日、祖父が100歳のお祝いを京都府・京都市からしていただくそうです。

      明治43年生まれの頑固な祖父で、僕の行儀が悪いとよく箸箱でたたかれたことを思い出します。

      家族全員で食事をしていました。夜になると食事の後、みんなで日本昔話を見ました。

      8mm映写を撮るのが好きで多くの映像を撮っては、家族で上映会をしました。

      漆芸家二代表悦として祖父が京都府から文化功労賞をいただいた時のことをおぼろげに覚えています。

      しっかりものの祖母と共に二人で静かに笑っている写真です。

      僕が文化奨励賞をいただいた時、自分が父の背中を追うと同時に祖父の背中も追っていることに気がつきました。

       

      祖父は明治・大正・昭和・平成を生きてきました。

      若い頃は身体を壊したり、身内に先立たれたり、苦労の多かった人生だったようです。

      日々の暮らしにも困窮し、身内の葬儀の時に、その費用にも難儀し、ひどく心を痛めたこともあったそうです。

      自らの力なさを嘆き涙を流しながらも、喰いしばって物造りの道をあゆんできた祖父。

      そんの祖父の見た100年はいったいどんな物だったのでしょう。

      100年前の空はどんな色だったのでしょうか?

      100年の間に地球はどれほど変わってしまったのでしょうか?

       

       

      これを機会に僕は考えてみたいと思います。

      父母が子供の頃、仰ぎ見た空はどんな空だったでしょう?

      祖父祖母が見渡した海はどんな海だったのでしょう。

      僕と妻に授かった娘が見ているこの世界はどんな色なのでしょう。

      僕は考えてみたいと思います。

      娘と共に未来をつむぐ新たな命が生まれたとき、その子が見る地球が輝きを失わないように。

      漆工芸家 三木啓樂

    2. ゆるやかに

      2010年08月10日 23:18

      • 投稿者 : 三木啓樂
      • カテゴリ : 未分類

      先日ネットワークのメンバーの佐々木さんのところ(佐々木酒造)で蔵開きが行われまして、

      ネットワークメンバーも何人か参加させていただきました。

      夏に蔵開き?と思ったのですがその理由をおききして納得。

      冬場に多くの方に来ていただいたりすると、要らない菌がお酒に混ざってはいけないとの

      配慮だそうです。

      なるほど~。それも一理ありますね。

       

      さて、会場(酒蔵では津田さんのフルート(チェンバロ奏者の友人も一緒に)や中川さんのおもしろ木の話、小川君のお庭話などを織り交ぜながら、楽しく軽やかな時間が酒蔵を満たしておりました。

       

      不肖私もなぜかお話の機会を頂、とりとめもないお話をさせていただき

      皆様のお耳汚しをしましたが、何せウエルカムドリンクですでに酔っ払い状態。

      お話させていただく前にすでに大酔っ払い(本人曰く・可愛いですけどね。)

      ほんとにまとまらないお話だったと思います。ごめんなさい。

       

      自分が言った言葉ですが、まるで他人が語っているようで、

      自分で話しながら、「この人ちょっといいこというな~」などと聞いていたことがいくつかありました。

       

      DO YOU KYOTO?って知ってますか?

      ぼくらは京都に生きているからこういってますが

      別にDO YOU 北海道?でも静岡?でもいいんですよ。

      自分が育った、自分が住んでいる雰囲気や空気感ってすごく稀有な物なんです。

      そのすばらしさを感じたらどこでもいいんです。

      そのすばらしさを伝えることを胸張っていってください。

      僕の故郷、舞鶴っていいとこだよ!

      小豆島ってすばらしいよ!

      なにがすごいって?

      普通の普段どおりのことがいいんだよ!

      特別じゃないって事がいいんだよ!

       

      そんな事、いってたような気がします。(もしかしたらよって寝た後、夢の中で言ってたのかもしれませんが・・。)

       

      自分にとって、特別じゃないこと。それを大事に。それを積み重ねて。未来の子供達に特別じゃない世界に生きる権利を渡してあげたいですね。 

       

      漆工芸 三木啓樂

    3. 小さなことからコツコツと

      2010年06月04日 03:02

      • 投稿者 : 三木啓樂
      • カテゴリ : コラム

      urusie 073

      先のコラムで橋本君が告知しておられたイベント。
      京都市交通局のイベント「地下鉄の日」にネットワークの有志メンバーが参加させていただきました。当日は地下鉄東西線各所でイベントが行われており、スタンプラリーでそのすべての箇所をまわるという取り組みもありました。
      私達が参加させていただいた山科の会場も、その中の一つとして行われており、一般の駅利用の方以外に900人もの参加者が会場にお越しでした。
      参加者の皆様はもちろんですが、企画者や出演陣も皆楽しんで参加できた会でした。

      個人レベルでの車の移動を控えて、公共交通機関を使うことで、エネルギーがより効率的に循環される。そのことが、「環境に優しい」生き方であることは、きっと皆さん御納得いただけたことでしょう。
      その第一歩として、地下鉄に乗って家族でお出かけ。
      当日もイベント会場への道すがらスタンプラリーに参加されている家族連れや、年配の御夫婦づれなどが楽しそうに京都の小旅行を楽しんでおられる様子が拝見できて、イベントが益々楽しみになりました。
      (当日は小生がイベントの司会を務めさせていただきました。歌って踊れて笑いが取れる漆芸家を目指す小生としての大舞台でした(笑))

      さて「優しい」と言う言葉がでてきたので少し考えてみたいです。

      「自分に優しい」ということは、「他人にも優しい」につながる第一歩だと思います。
      「他人に優しい」ということは「自分とかかわりのあるすべてに優しい」
      それは「環境に優しい」につながるのではないでしょうか?

      「自分とかかわりのあるすべてに優しさを持って接する生き方」
      それは
      「美しい生き方」とつながるのではないでしょうか?

      メンバーの小川君(作庭家)がよく言う言葉があります。
      「地球に認めてもらって初めて、地球に一員になれる気がする。」
      「地球になりたい!」

      個々が優しさを持って美しく生きる。そのことが美しい京都・美しい生き方につながり
      「地球に優しい人間」になることで、地球は人類にやさしくなれるのではないでしょうか?
      「地球にいてもいいよ」と認めてくれるのではないでしょうか?

      簡単なようで難しいことです。難しいようでもするべきことは単純なことです。

      人々に笑いを届け続けてくれる有名な漫才師の方が言われてます。

      小さなことからコツコツと。

      僕達が出来ることを僕達もその思いをもって頑張りたい物です。

      できることからコツコツと!

      漆工芸家 三木啓樂

    4. 最近のご報告。

      2010年05月26日 16:46

      2月11日13日14日と高島屋京都店1階ゆとりうむにて開催いたしました

      「DNA KYOTO」

      当日は、本当に大勢の方にお越しいただき有難うございました。

      盛会に終えることが出来ましたのも、皆様の応援のお陰と心よりお礼申し上げます。

       

      早いものであれから3ヶ月が経ちました。

      イベント以降、季節外れの雪が降ったりとなんだかおかしな気候。

      京都にて「雪中桜」という、不思議な景色を見ました。

      これも、温暖化と関係があるのでしょうか。。。

       

      さて、

      2月の「DNA KYOTO」以降、ネットワークのメンバーもそれぞれに活動をしております。

       

      DO YOU KYOTO?ネットワークとしては、今週末5月29日(土)に

      京都市営地下鉄東西線「山科駅」構内にて開催の

      「5月29日は地下鉄の日制定記念イベント」にメンバー数人が出演します。

      当日は京都市営地下鉄でスタンプラリーが行われ、そのGOALが地下鉄山科駅。

      その山科駅でのイベントに、我々DO YOU KYOTO?ネットワークのメンバーが登場します。

      14時開演で、

      曽和尚靖と橋本忠樹の小鼓と謡での「独調」と、津田佐代子のフルート演奏。

      そして、メンバーのトークセッションが行われます。

      出演予定は、下記のメンバーです。
      小川 勝章 作庭家(造園植治)
      鈴鹿 可奈子 株式会社 聖護院八ッ橋総本店 経営企画室長
      園部 晋吾  料理人(山ばな平八茶屋)
      羽田 登喜 染色工芸作家(羽田工房)
      三木 啓樂 漆工芸家(表悦工房)
      山内 健也 表具師(墨申堂)

      敬称略

      でございます。

      楽しい企画を用意させていただいておりますので、

      皆様是非、地下鉄東西線をご利用いただき地下鉄山科駅へお越しください。

       

      つづきまして、

      テレビ放送のご案内です。

      イベントの翌日5月30日。

      「~京都から美しい地球を未来へ伝えるために~ DO YOU KYOTO?」

      が、BS-TBSにて14時から放送されます。

      これは、2月のDNA KYOTOの模様から、メンバーの日々の活動まで

      DO YOU KYOTO?ネットワークのことを放送していただきます。

      また、6月20日以降に、KBS京都でも放送予定です。

      皆様お楽しみに。

    5. 『「美しき心」の種をまきましょう。』

      2010年02月02日 00:34

      • 投稿者 : 三木啓樂
      • カテゴリ : コラム

      「DO YOU KYOTO?」という言葉をつけたネットワーク。

      そのメンバーの思いを形にして、皆さんに見ていただく場

       

      「DNA  KYOTO」

       

      その日が刻刻と近づいてまいりました。

      京都を舞台に活躍するメンバーがそれぞれの立場で「未来に美しい京都を伝えたい」という思いで、力を出し合っております。

      私自身は漆工芸家という立場での京都・自然との関わりを軸に、出きること、伝えたいことを、その場にぶつけたいと考えてます。

       

      ネットワークのテーマの一つになっております自然環境の変化、世界の社会環境の変化は、京都に住む我々だけでどうにかなる物ではありません。地域だけでとどまらず、全世界規模で考え、取り組まないといけない問題だと思います。ではそのためにはどうすればよいのでしょうか?

       

      僕はこう思います。

       

      「世界中の人々が共感すること。」

       

      これがまず、第一歩です。

       

      「では何を?」

       

      その答えは、様々で言葉にすることは難しい物です。何か単一の答えでは人類全体はまとまらないでしょう。人の数だけ、価値観があるのですから。でも、何か大きな物があるはずです。

      僕はその一つをこう考えます。

       

      それは「美」ということではないでしょうか?

       

      日本語においては「美」は、様々なところでその表情を変え、人々の心に入り込んでいます。

       

      「美味しい」

      「美しい物」

      「美しい人」

      「美しい音色」

      「美しい旋律」

      「美しい言葉」

      「美しい花」

      「美しい仕草」

      「美しい風景」

      「美しい京都」

      多くのところで、プラス感情の形容として使われています。

      そして、その向うに見えるもの

       

      「心の美しい人」

       

      いきなり、世界平和は叶いません。すぐには環境問題は解決しません。

      でも、ひとつひとつ、隣人と意思の疎通を図り、共感し、その輪を広げていく事は、

      必ずや、世界を良い方向に向けていくのではないでしょうか?

      「独善的でない美」

      自分が住む町には、そんな美があると思いますし、そうであってほしいです。

       

      まずは、家族・友人から。

      次は隣人、ご町内。

      それが、京都全体に、さらに日本、アジア、世界に「美しい」を広げていく。

       

      「美しさ」は人の心を、豊かにし、寛容さをうみだします。

      そして、「共感」を生み、人に優しい気持ちの種をまいてくれます。

       

      「美しき心」の種をまきましょう。

       

      その種を育てまずは芽を出させましょう。

       

       

      「DNA KYOTO」

       

      私達の思いを届けます。

    6. DNA KYOTO

      2010年01月26日 19:15

      • 投稿者 : 笹岡隆甫
      • カテゴリ : 未分類

       早いもので、2009年7月に「DO YOU KYOTO? ネットワーク」を立ち上げてから、半年が経とうとしています。ここのところ、はじめてのイベント「DNA KYOTO」の準備にかかりきりになっています。 
       昨年の秋、木村英輝さんにプロデュースを依頼し、アドバイスをいただきました。
       木村さんの助言は明快です。
       「説教くさいものはダメ。洗練された舞台を見せよう。」
       廃材などを使ってエコを、前面に出すようなことをしてはいけない。説明はいらない。美しい舞台をみて、京都の四季がなくなったらさみしいと、観客に自分自身で答えを見つけてもらおう、と。
       環境を意識した作品展示やトークショーでは、説教くさくなってしまう恐れがあります。そこで、洗練されたステージに特化してはどうかと提案してくださいました。
       木村さんの助言をもとに、年末からメンバーと会議を重ね、ステージの構成を練りあげていきました。
       「一人一人が順番に舞台に上がるのでは、つまらない」
       「同じテーマのもと、皆で一つの舞台を作り上げよう」
       「漆工芸家が塗った花台に、陶芸家が焼いた壷が載り、筝曲家の音楽に合わせて、華道家が花を添え、織工芸作家の染めた友禅を身にまとった能楽師が舞う、というのはどうだろう」
       タカシマヤ1階の特設舞台でのステージは、期間中の土日祝の3日間、計5回と決まりました。私は2回の「いけばなパフォーマンス」に加えて、全ステージの解説をつとめます。花鳥風月を愛し、四季の移ろいを大切にしてきた日本人。その伝統の美が詰まったステージを、ぜひご覧下さい。
       また、ステージの行われない日には、舞台上でメンバーからのメッセージを放映することになりました。テレビ局にも協力を要請し、今、撮影の真っ最中です。

    7. 祝 ホームページ開設

      2009年11月22日 15:15

      • 投稿者 : 笹岡隆甫
      • カテゴリ : コラム

      日本の美しい四季が失われている…。それは、私たち伝統文化の担い手にとって、まさに危機。なぜなら、日本文化は自然とともにあるからです。
      私たちは、床の間に季節の花をいけます。最も身近にある小さな自然です。また、私が住んでいるのは日本家屋で、建具を取り払えば室内と庭が一体となり、家の中にいながらにして自然の中に身を置いていることを実感できます。さらに、街を歩けば、京都盆地を取り囲む三山が私たちを優しく見守ってくれています。人間は自然とともに暮らしている、人間も自然の一部なのだと、体感してきたのです。
      四季の移ろいを大切にする日本文化はそこから生まれます。季節ごとに、室礼や着物をかえる。そんな日本の暮らしの美しさをもっと多くの方に知ってほしい。
      そんな思いで、立ち上げたのが「DO YOU KYOTO? ネットワーク」です。普段からよくコラボレーションをしている三木啓樂さん、橋本忠樹くんのお二人に世話人をお願いし、2008年末に準備会を設立。「京都から美しい地球を未来に伝えるための呼びかけ」文書を作成しました。同時に、同世代のよき先輩でありよき仲間である、池坊由紀、千宗員、千宗屋、藪内紹由各氏といった各界の若手リーダーにも名を連ねていただき、徐々にその輪を広げていきました。
      2009年7月6日、ネットワークが正式発足。私たちメンバーは、それぞれの分野で環境に対する取り組みを進め、子どもたちにとって、こんな大人になりたいと思えるようなお手本を目指します。9月3日、顧問にご就任いただいた門川京都市長から、当ネットワークを「京都市「DO YOU KYOTO?」大使」の第一号に委嘱していただきました。11月16日、未生流笹岡のホームページも手がけてくださっているブリッジコーポレーションさんのご協力で、このホームページが立ち上がりました。
      2010年2月には、京都高島屋で、メンバーの有志によるステージイベントを予定。美しい地球を未来に伝えるために。まずは、できることから、はじめていきます。

      笹岡 隆甫

    8. 「DO YOU KYOTO? ネットワーク」発足

      2009年11月16日 10:00

      DOYOUKYOTO?ネットワーク発足
      2009年7月6日、伝統の若き継承者たちが、未生流笹岡家元邸に集い、「DO YOU KYOTO? ネットワーク」を発足しました。京都議定書の発効した2月16日にちなみ、来年2月10日(水)~16日(火)には、高島屋京都店の1Fアトリウムでイベントを予定しています。地球温暖化防止に向けた新たな取り組みが、今、始動します。

      「DO YOU KYOTO? ネットワーク」呼びかけ人(発足当初)

      池坊由紀 華道家元池坊次期家元
      井上葉子 京舞井上流
      大谷祥子 筝曲家
      笹岡隆甫 華道未生流笹岡次期家元
      茂山宗彦 大蔵流狂言師
      諏訪蘇山 陶芸家
      千 宗員 茶道表千家若宗匠
      千 宗屋 茶道武者小路千家家元後嗣
      橋本忠樹 観世流能楽師
      羽田登喜 染織工芸作家
      三木啓樂 漆工芸師
      藪内紹由 古儀茶道藪内流宗家若宗匠

      「DO YOU KYOTO? ネットワーク」 顧問

      門川大作 京都市長

      ページトップへ